« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年10月

2008年10月10日 (金)

筋書きどおり?

ぱやのたっての希望で、
水泳を始めた。

クラスで習っている子が増えているのと、
北京オリンピックが原因。

ちなみに、同じ水泳でも、
ぱやは競泳、ぽよはシンクロナイズドスイミング。
びみょーに、好みが分かれてます。
(シンクロは、もちろん習いません。念のため。)



さて、スイミングスクール。
「みんなやってるし・・・」
っていう理由はあんまり好きじゃないし、
そもそも習い事なんてさせる経済的な余裕ナシ~
と思っていたお母んじだが、
ぱやは重力にめっぽう弱くて
(つまり、飛んだり跳ねたり登ったりが苦手)
あからさまにぽよに追い抜かれてるので、
運動に苦手意識を持ってほしくない、というまじめな親ゴコロもあり、
近所のスイミングスクールに行かせてみることにした。



初日なので、とりあえず見学。

全体で準備体操をしてから、各レベルに分かれる。
ちょー初心者のぱや
ちょー初級のクラスで、
なんか、溺れないように「浮き」みたいなのを
腰につけられている。

何やら得意げにしゃべってるぞ。
遠くて聞こえないけど。
あー、あー。
コーチに平泳ぎのかっこうして見せてるよ。
「ぱや、北島みたいに泳げるんだよ~♪」
とか言ってるんだ、絶対!

だからぁ、やり方知ってるのと、
できるのとは違うんだってば。
「浮き」つけながら言うなっ!



・・・しかしながら、
親のアタシが言うのも相当バカっぽいけど、
いや~、成長したわ。
初めての場所でも
ちゃんと周りを見ながら、
人並みに集団行動している!

  もう、それだけで十分です~
  うるうる




生まれて初めて胸まで水に浸かって、
しかも小一時間水に入りっぱなし。

んでも、雰囲気に流されたのか、
恐がることもなく、飽きることもなく、
最後まで乗り切った!
肩に力が入りすぎてて
見てるこっちが肩凝りそうだったけど。

  は~、疲れた。



帰りがけ、担当のコーチが様子を報告してくれた。

「バタ足ができなくって恐い顔してたんで、
『笑って笑って』って言ったら、
そのあとずーーーーーっと笑ってるんですよ。
『恐いときには笑わなくっていいよ』って言ったんですけどね。」

  ・・・目に見えるようだ。
  こわばった笑顔。

しかも、参加初日のちょー新参者だというのに、
騒いでいる男の子を注意したらしい。
「コーチが話してるときは、ふざけちゃいけないんだよっ!」


 ( ̄ロ ̄lll)


  だれに似た?
  アタシか?

もそっと心から楽しめないもんでしょうかねぇ・・・
ま、本人はそれなりに楽しかったみたいだから
よしとしましょうか。

帰宅後はさすがに疲れたようで、
夜はバタンキュー。


めでたし、めでたし。









・・・と思いきや。

翌日。
え? 右目が腫れてる?

も、もしや???

ハイ。
ものもらいだそうで。

わかりやすすぎる。

なんでももらってくるな、つうの!

アンタの辞書にハッピーエンドはナシ?

| | コメント (0)

2008年10月 2日 (木)

ちょー安上がり

お母んじが子どものころは、
ガチャガチャがとーっても楽しみだった。
あの、お金を入れてガチャってまわすと
カプセルに入ったショーもないおもちゃが出てくるヤツ。
記憶にある最安値が10円。
その後20円になったよーな。(年がバレる?)

最近じゃ「カプセルトイ」とか言っちゃって、
200円とか300円とかする。
当時の10倍!!!

そうしばしば買える値段じゃない。

でも、一度買い与えたら、
その後は通りかかるたびにせがまれるにちがいない。
そのたびに怒鳴るのかと思うと、
それはそれは気が重く・・・
なので、わが家では今まで一度も買い与えたことがない。

わっはっは。



さて、先日。
あるショッピングモールを歩いていたら
その機械が、ン十台、ずらーーーーっと並んでるところがあった。
それはそれで壮観だが、
やっぱあれは駄菓子屋の店先に1、2台ちんまりあるのが
風流でいいなぁ、、、

な~んて思ってたら案の定。
わが家のお二人はかぶりつき。
離れやしない。

  「ああっ! アンパンマンだ~」
  「あたし、ポケモンがいいっ!」

・・・って、
だれも買うっていってないだろーがっ!




イライラしながら眺めていると、
ところどころにかごが置いてある。
中味を取り出して不要になったカプセルを
捨てていけるようになっているらしい。

色とりどりのカプセルの山。

突然、旦那さんがかごの中のカプセルをとりだし
1つずつぱやとぽよに・・・・・・

  大胆な!
  これって一種のゴミ箱漁りでは?
  だいたい、カプセルだけもらっても
  意味ないし・・・・


・・・がっ、

2人は大喜び!!!!!

  「おとーさん、ありがと♪」

な~んて言っちゃって、
あっさりその場を離れた。

  うっ、うっそぉ~
  そんなんでいいのぉ?
  な、なんて安上がりっ!


日頃いかにな~んにも与えられていないかが
一目瞭然です。

2人の楽しそうな後姿を見ながら、
若干後ろめたい母でした。



ちなみにそのカプセルは、
ままごとの食器になったり、
ボール代わりになったり、
時には宝箱になったりと、
かなり有効利用されております。

カプセル君も本望でしょう・・・

大変地球にやさしい姉妹のお話でした。

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »